責任あるギャンブル

ギャンブル障害 – Gambling Disorde

ギャンブルが原因で自身の貧困を招いてたり、あなたの家族・家庭を破壊してしまう行為や結果、もしくは社会的なことでも支障が生じている、そのような状況下の中でも、ギャンブルをやめられない状態・自己規制ができない人のことを医療機関では「ギャンブル障害」と呼び、精神の病気と診断される場合があります。

日本国内では政府が議論しているギャンブルについての「依存症対策基本法案」の中では、「ギャンブル等依存症」という言葉で使われています。

ギャンブルが原因で日常生活に支障がある人”はこれに該当します。

このようなことに気を付けてプレイしてください

  1. ギャンブルをするために借金はしない
  2. ギャンブルの負けはギャンブルで取り戻そうとしない
  3. 生活費を使うのではなく、余裕があるお金を使う
  4. 最初に損失額を決めてプレイする
  5. プレイ回数やプレイ時間を制限する
  6. ストレスの発散で賭け事をしない
  7. 自己規制が無理な場合、規制管理を設定して遊ぶ
  8. 集中できない・眠いときは休憩を入れる

脅迫的なギャンブル・病的なギャンブルをしないでください

  • 所持金が無くなるまで、やってしまう
  • 軍資金を作るために。犯罪行為をしてしまう
  • 家族や知人にギャンブルを反対されてる
  • 大金を狙いすぎて、大金を賭けてしまう
  • ギャンブルをするとイライラする
  • ギャンブルで自殺を考えたことがある
  • 会社・家族・友達・恋人のお金を使った

 

オンラインでの賭けについて、あなたの国や管轄の法律を理解するのはプレイヤーの責任です。禁止されている地域の人は、法律を厳守する責任があることを忘れないでください。当サイトでは、この問題についてアドバイスなどはしていませんので、法的な内容につきましては専門家に問い合わせるなどして、個々で判断してください。法律やカジノのゲーム規約の違反などにつきましても、当サイトでは、一切の責任を負いませんので、ご注意ください。